ホーム > イベントカレンダー > アンフォーレエントランスライブ~2019 May~

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

アンフォーレエントランスライブ~2019 May~

毎月第2土曜日の夜、アンフォーレの図書情報館が閉館した後に、エントランスで素敵なライブを開催します。
5月のテーマは「そよ吹く風に」。兄・誠の優しい歌声とウクレレ&ギターと、弟・誉の繊細で心地良いドラムリズムがコラボする双子の音楽ユニット「KURACHI twins」が出演し、リゾートミュージックをコンセプトにしたオリジナル曲や、ラテンのリズムなどをアレンジしたジャズやハワイアンのスタンダード曲を披露します。まるで世界のどこかのリゾートで癒しの非日常を感じていただける様な音楽を、アンフォーレでご堪能ください。

5月のテーマ:そよ吹く風に
出演:KURACHI twins

kurachitwins

KURACHI twins

kurachitwins2

兄・倉知 誠

kurachitwins3

弟・倉知 誉

開催日時

  • 2019年5月11日(土曜日)18時30分から2019年5月11日(土曜日)19時15分

開催場所

エントランス

料金

無料

定員・事前申込み

なし

その他

【KURACHI twins プロフィール】
愛知県小牧市出身
●倉知 誠 (ボーカル・ウクレレ・ギター)
ギター・ウクレレ製作家である父親、倉知巌の影響により4歳からクラシックギターを始める。ファルセットボーカルと優しく美しい旋律を得意とし、ウクレレソロとして活動しつつ、オリジナル曲を含むアルバムを2枚リリース。またバンド活動にも取り組み、ハワイアンミュージックをManoa Rainbow (マノアレインボー)として、弟であるジャズドラマー倉知誉と共にKURACHItwinsとして各地で演奏活動中。クラチウクレレ教室の主宰と共に、各地でウクレレ講師を務める。

●倉知 誉 (ドラム)
兄と共にクラッシックギターを始め、14歳でドラマーに転向する。幾つかのバンドを経験した後、米国ハリウッドにあるM.I.(ミュージシャンズ・インスティテュート)のPIT(ドラム科)卒業。グラミー受賞バンド“TOTO”のジェフ・ポーカロの父ジョー・ポーカロらワールドクラスのドラマーに師事。卒業時には“Most Improved Drummer Award (最も進化したドラマー)“を受賞。帰国後はジャズを中心に活動。自身のリーダーバンド『ja+NK』を結成し、Jazz、Pop、Fank、Latinなど様々なジャンルをミックスしたサウンドで音楽性を確立し現在も活動中。他にも10年以上活動を続けているバンドに複数参加している。著名な共演者には、ハーヴィー・ハンコックバンドのジェームス・リーバイ(dr )、ポール・ジャクソン(b)、水野 正敏(ポンタボックス)などがいる。

関連資料

主催者・問い合わせ先

  • 主催者名:安城プロモーションズ
  • 連絡先
    電話:0566-76-1400(アンフォーレ総合案内)
    ファクス:0566-45-5097

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ